人気の女子プロゴルファーまとめ

実力・ルックスで人気の女子プロゴルファーをまとめてみました。

子供の頃から大活躍。諸見里しのぶ(もろみざとしのぶ)

人気プロゴルファー諸見里しのぶ1986年7月16日生まれ。沖縄県名護市出身のプロゴルファーです。
師匠は江連忠さん。

 

 

9歳のでゴルフを始めました。ジュニア時代から多数の大会に出場し優勝を飾っています。同じ沖縄出身の上原彩子に勧められておかやま山陽高等学校に入学しました。この時からプロトーナメントに参加し、その才能を発揮し上位に食い込む活躍を見せています。

f:id:zv2udeo4:20150813193917j:plain


2005年には5月のブリジストン・レディスではもう少しで宮里藍以来のアマチュアツアー優勝かという活躍をします。この時にプレーオフのかかった18番ホールで、5mのパーティーパッとを外し3位タイに終わっています。
この活躍に期待され同年に行われた世界女子世界マッチプレー選手権では、唯一のアマチュアゴルファーとして出場を認められたことでも有名です。

 


6月に行われた日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝をします。ここから7月の女子プロゴルファーテストに合格し初のデビュー戦になったのが日本女子オープンです。3オーバーで5位入賞を果たします。その後の「マスターズ・ゴルフクラブレディース」で4位、「樋口久子IDC大塚家具レディス」では2位に入ります。

 


プロ入りしてから僅か3試合で賞金ランキング49位に入り翌年のシード権を獲得したことでも有名です。2006年ではプロ転向実質半年にしてアメリカの全米女子プロゴルフ協会ツアー(LPGA)への参戦を表明しました。この(LPGA)のレギュラー・ツアーのシード権を争うクオリファイイング・スクールでも最終予選会を9位で通過しています。

f:id:zv2udeo4:20150813193911j:plain


この年ではアメリカ各地で転戦するシーズンを送り、世界でも名前が知れ渡りました。帰国後は大手メーカーキャノンと3年1億円のスポンサー契約を結んだことでも有名です。2006年10月に行われたSANKYOレディースオープンでは2位の全美貞に1打点差で日本国内ツアーで優勝を飾りました。SANKYOのCMでは志村けんの(アイーン)のポーズを見せるファンサービスを行いその愛嬌の良さから人気もでました。

 

kngg.sakura.ne.jp


2009年は諸見里しのぶにとって飛躍の年でした。5月のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップでは、自身のJLPGAメジャータイトル2勝目を飾ります。2勝目最年少記録は宮里藍の持つ21歳83日に次ぐ22歳298日で歴代2位となりました。

 


この年の8月にはCAレディイースゴルフトーナメントで優勝し、生涯獲得金額3億円を突破しました。この記録は23歳38日、104試合目での獲得賞金3億円突破は宮崎藍(57試合)、横峯さくら(98試合)に次ぐ歴代3位の記録です。

f:id:zv2udeo4:20150813193909j:plain


9月にはゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントで優勝して、自身初・現行ツアー制度施行後9人めの年間獲得賞金1億円突破になりました。またこの年では史上8人目・最年少23歳59日でのJLPGAメジャー3冠を達成します。この後も数々の記録を残しますが、20011年7月にはスタンレーレディスゴルフトーナメントでは日本男女ツアー双方での新記録を達成しまいした。この記録は日本女子ゴルフ界における、ギネス世界記録として認定さられした。

 


容姿も可愛く人気がありファンの方も多いと思います。

広告を非表示にする